2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.27 (Thu)

AudiがWEC撤退 - Audi R8 24h Le Mans 2004 Winner-

フォルクスワーゲンの燃費問題や、同じワーゲングループのポルシェも参戦していることから、かねてより噂されていたアウディのWEC撤退が、正式に発表されましたね。
1999年の参戦以降、合計13回もルマン優勝をした王者が去るということで、惜しむ声も多いことでしょう。
アウディのレースカーは"速さ"もさることながら"強さ"が印象に残っています。

b 16_10月27日_01
MINICHAMPS/ミニチャンプス
AUDI R8 24h Le Mans 2004 - Winners Ara/Capello/Kristensen
MADE IN CHINA

ルマンの歴史は長すぎるのでここでは書きませんが、アウディが最初に優勝したのは2000年でした。
マシンは現在でも市販車にその名前を残すR8で、2006年にR10へモデルチェンジするまでの7年間に5勝するという圧倒的な強さを誇ったマシンです。
中でも2004年のレースでは、チーム郷のマシンが優勝するという快挙を達成しています。この時のドライバーの一人は、現在SUPER GTなどで活躍する荒聖治選手が日本人2人目のルマン優勝となりました。

b 16_10月27日_02

そんな伝説のマシンですが、特に3インチでのモデル化は少なく、メジャーブランドではノレブからしか登場していません。(SikuからR8モドキは出ていますが・・・。)
ということで今回は、MINICHAMPS製の1/43スケールモデルをご紹介。
普段このスケールは買いませんが、偶然安かったので入手していた次第です。

MINICHAMPSらしく、押さえるところは押さえたコストパフォーマンスの高い仕上がりです。
3インチばかり見ているので、とても高いクオリティに感じますね(^^;

b 16_10月27日_03

2004年のチーム郷のマシンは、日の丸をイメージしたカラーリングでした。
R8レースカーの中でも1-2を争うスタイリッシュなデザインではないでしょうか。


b 16_10月27日_04
▲流石は1/43、スポンサーデカールも細かいですね。造りはやや甘い部分もありますが、3インチコレクターからすると十分です(笑)

b 16_10月27日_05
▲車高もピタッと低くきまっています。

b 16_10月27日_06
▲ちょっと荒いですが複雑なウイング形状も再現していますね。

b 16_10月27日_07

1/43ではレーシングカーが細かい仕様違いでリリースされることも少なくないですが、1/64ではなかなかそういったことがないですよね。
加えてプロトタイプカーのモデル化も消極的な気がします。
出せば人気が出そうなものですが、細かいタンポや版権取得のコストが大変なのでしょうかね。

よくわからない結論にたどり着きましたが、なにより伝説に残る強さを誇ったアウディの撤退は残念です。。。
今後はフォーミュラEに力を入れるそうですね。

b 16_10月27日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ


テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : MINICHAMPS/ミニチャンプス アウディ

01:48  |  ミニチャンプス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zelious.blog119.fc2.com/tb.php/671-5968d3be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。