2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.09 (Tue)

THのありがたみ - DODGE CHARGER SRT8 -

昨日に引き続き、先日の発売日に入手したモデルを。

b 16_02月09日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
HW RESCUE 5/10 '16 215/250 TREASURE HUNTS
DODGE CHARGER SRT8
MADE IN MALAYSIA

今月のトレジャーハント、チャージャーSRT8です。
現行型としては最初期のキャストが、登場から9年目でトレジャーハントに抜擢されました。

b 16_02月09日_02

現行チャージャーが登場したのは、2006モデルイヤー(=2005年)ということで今からおよそ11年前になります。近年流行したレトロモダン系のマッスルカーとしては実用性の高いセダンボディを採用するなど現代に見合った改良が行われているものの、このSRT8は6.1LのHEMIエンジンを搭載(現行型では6.4Lにまで)するなど性能面では誰一人文句を言えないマッスルカーに仕上がっています。
2009年にクライスラーが経営破綻するまでは日本でも販売されており、見るからにアメ車らしい大柄なボディに大排気量エンジンを搭載するモデルであったため、時折町中で見かけることもありましたね。
2011MYと2015MYでフェイスリフトが行われ、ますますワル顔になっています。HWでは勿論それぞれのタイミングでニューキャストとして登場していますね。現行モデルでは、映画「STAR WARS」とのコラボでストームトルーパーカラーとなったチャージャーが宣伝に使われ話題となりました。MOPARのワルイ雰囲気が見事にマッチしています。

b 16_02月09日_03

HWでは2007年のベーシックでこちらのキャストが登場。2010年以来のベーシック化がトレジャーハントとなりましたが、RESUCUEシリーズということで消防車両のようなペイントが施されています。ベーシック以外では、プラボディでカラーシフターズに度々登場するなどしていました。
2011年や2015年のキャストと比較すると、かなりボリューミーにデフォルメされていますね。デフォルメの問題か、当時から実車の中ではあまり人気がありませんでした。そのおかげで、まだ発売日に並んでいなかった頃、最初にトイザらスで売れ残りのなかから入手したHWのなかの1台で、結構思い入れのあるキャストだったりします。
もう少しカッコいいペイントだったらなお良かったのですが、それでもTHとして陽の目を浴びたのは個人的に嬉しい出来事でした。
ただ、今回からリアウイングがボディと一体化されてしまったのは残念ですね。。。

b 16_02月09日_04
▲グリルを裏板からの延長で作り分けている点が素晴らしいフロントマスク。

b 16_02月09日_05
▲ボディを前後に押しつぶしたようなデフォルメは、日本ではあまり受け入れられなかったようです。

b 16_02月09日_06
▲残念なことに一体成型となり、抜けもなくなったリアウイング。最近のHWは、コスト削減の為しかたが無いのかもしれませんが、ギミックのオミット、ボディ一体化が頻繁に行われていますね。

b 16_02月09日_07

そういえば、昨年はほぼ創作車のみであったトレジャーハントが、今年は実車の割合が高くなりましたね。
タンポデザインはもっと人気の出るようなものにして欲しいですが、以前よりはありがたみが増えたと思います。

b 16_02月09日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール ダッジ

23:55  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zelious.blog119.fc2.com/tb.php/647-97bfcb13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。