2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.21 (Sun)

美しいフェラーリ - FERRARI 456M -

b 06月21日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
2001 COLLECTOR NO.166
FERRARI 456M
MADE IN CHINA

1972年から89年までと、長きに渡り生産された2+2のGTカーである400シリーズの後継車として登場したのが、こちらの456シリーズです。エレガントな雰囲気から、フェラーリの中でも私が最も好きなモデルです。

b 06月21日_02

1992年に登場した456には、新規設計のV12気筒エンジンをフロントに搭載され、ミッションは6MTと4ATの二種類が用意されました。デザインは、フェラーリ・デイトナをモチーフとしており、リトラクタブルヘッドライトが採用されています。1998年には、車名が「456」から「456M」となり、ボディは奥山清行氏によりリデザインされており、グリルの大型化やヘッドライト後部のダクトの廃止などが行われました。

b 06月21日_03

ホットウィールのモデルは、後期にあたる456Mです。美しいボディは実車の雰囲気を上手く捉えており、京商製のモデルよりも印象的には近いと思います。カラーもメタリックブルーと落ち着いた色合いで、上品ですね。実車も、フェラーリとしては赤色が少なく、地味めな個体が多いように感じます。

b 06月21日_04
▲最近のフェラーリにはない、優しいフロントフェイス。

b 06月21日_05
▲前上がりな点には多少違和感を覚えるものの、全体的なスタイルは良く出来ています。

b 06月21日_06
▲リアは、パーツ構成の関係か実車よりもイカツくなっていますね。

b 06月21日_07

近年のフェラーリは、赤がよく似合う情熱的で攻撃的なデザインが多く、美しいスタイルとはなかなか言えない気がします。
456のような、落ち着いた上品な車に乗りたいものですね。

b 06月21日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ


テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール フェラーリ

22:46  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zelious.blog119.fc2.com/tb.php/616-c195d1a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。