2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.14 (Sun)

復活のGTS-R - SRT VIPER GTS-R -

b 06月14日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
2015 HW RACE WORLD RACE 150/250
SRT VIPER GTS-R
MADE IN MALAYSIA

今年のルマンも終わりましたね。日本勢は残念な結果に終わりましたが、LM GTE Proクラスではコルベットがクラス優勝を遂げたのが嬉しいニュースです。

b 06月14日_02

LM-GTEクラスのアメリカ勢はコルベットぐらいでしたが、コルベットに次ぐ米国製スポーツカーとして2012年に発表し、アメリカのルマン・シリーズなどを経て、ルマンにもバイパーの名が帰ってきました。それがこの「SRT VIPER GTS-R」で、ブランド名こそ変わったものの、GTS-Rというレーサー専用のネーミングは引き継がれてのデビューとなりました。
初代バイパーがGTSクラスで数々の成績を残した様に、このモデルにも期待が集まりましたが、今のところ目立った成績は残せていないようです。ルマンでは、2013年と今年に参戦しています。ルマンデビュー初年度の2013年はGTE-Proに2台参戦し、クラストップから9周遅れのクラス8位と翌年の活躍に期待を持てる結果でしたが、2014年度は参戦を取りやめることに。そして今年は、GTE-Amクラスに1台のみの参戦で、結果は304周と終盤にリタイアとなっています。

b 06月14日_03

ミニカーは、2013年度仕様をモチーフとしているようです。2013年度は、ボンネットの赤い部分がブルー(#91)もしくはイエロー(#93)だったので、もしももう一台参戦していたら、、、といったカラー&ゼッケンでしょうか。ゼッケン類の色合いや配置もルマン仕様に準じているようです。
キャストは玩具然としており、あまりリアルともカッコイイともいえない仕上がりに。。。特にバランスを崩しているのが、短く、そしてしゃくれたフロントノーズで、これはHWのループなどがあるコースを速く走らせる為の処置だとか。おもちゃとして遊ぶにはこれが良かったのかもしれませんが、案の定本国でもコレクターからの不満の声が多かったようです。この方針は、今年のニューキャストであるコルベットC6RやヴァンテージGT3でも統一されており、本来が大変かっこいい車だけに非常に残念です。

b 06月14日_04
▲しゃくれたフロントが、かっこよさをスポイルしています。どこかでこれをカスタムして、まともな顔になった画像を見ましたが、元からそうであればと残念に思います。

b 06月14日_05
▲サイドのタンポ類は、実車に近いものになっており嬉しい点ですね。ゼッケンを95にしてみたりと、遊び心有るコンセプトが素敵です。

b 06月14日_06
▲リアからは、マッチョなボディが強調され、かっこいいキャストだと感じますね。

b 06月14日_07

少しでも目立たないようにと、高いところから撮影してみたり、、、

b 06月14日_08


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ



テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : SRT HOTWHEELS/ホットウィール ダッジ

23:57  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zelious.blog119.fc2.com/tb.php/614-5d23c59f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。