2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.04.21 (Tue)

トヨタ ディーゼル - トヨタ ディーゼル カートランスポーター -

b 04月21日_01
TOMICA/トミカ
NO.14-2-4 POCKET CARS (通常品と同等)
AUTO TRANSPORT (トヨタ ディーゼル カートランスポーター)
MADE IN JAPAN

トミカより、1975年2月に発売されたカートランスポーターです。トミカとしては初のカーキャリアでしたが、ベース車種はかなりマイナーだと思います。

実車は1964年に登場した、キャブオーバー型の大型トラックであるDA115C型。前年に登場した、トヨタ初のキャブオーバー型の4tトラックDC80C型を大型化し、最大積載量を6tとしたものです。同時にボンネットタイプも用意され、1978年にトヨタが大型トラック市場から撤退するまでの14年間に渡り生産されていました。エンジンはトヨタ製6.5リッターの2D型ディーゼルエンジンで、最高出力は130馬力を発揮しています。
乗用車部門ではトップの地位を確立したトヨタですが、大型トラック市場においては他社に太刀打ち出来ず、1978年に撤退してしまいました。現在では、日野がその役割を担っていますね。

b 04月21日_02

トミカは、そのDA115C型のカーキャリア仕様を製品化。トミカサイズということで、荷台の乗用車は小さなプラ製のもので再現しています。この手法は、近年まで採用されていますね。
キャブ、荷台、そして乗用車の組み換えで、様々なカラーバリエーションが存在しています。実車は不人気となっていましたが、トミカの世界では特殊な働く車ということや、1988年にエルフカーキャリアが登場するまで13年もの間ラインナップされていたことから、結構な人気があったようですね。現在でも比較的入手しやすい黒箱モデルとなっています。
今回は、主に北米で販売された、Pocket Carsバージョンですが、中身は通常品と同等です。

b 04月21日_03
▲初期型では、ボンネットタイプをそのままキャブオーバー化したようなのっぺりとしたデザインでしたが、モデルとなった改良後は精悍な顔つきになっています。

b 04月21日_04
▲よく見ると、かなり荷台が作り込まれていますね。非常に細かいです。

b 04月21日_05
▲エルフでは荷台のハッチが開閉し、プラ製の車を出し入れ出来ましたが、このモデルでは固定されています。

b 04月21日_06

現在ではまず見かけない車種ですが、意外にもダイヤペットチェリカとの競作となっています。
あちらは大柄ですが、フロントグリルのパーツ構成などは優秀ですね。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : TOMICA/トミカ トヨタ

23:58  |  トミカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zelious.blog119.fc2.com/tb.php/601-23fef80c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。