2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.27 (Thu)

雷鳥にあらず


b 02月24日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
CLASSICS SERIES2 #11of30
1957 THUNDERBIRD
MADE IN THAILAND

クラシックスより、1957年式サンダーバードです
モデルとなった初代サンダーバードは1955年にデビューし、57年までの3年間販売されました
名前は、アメリカ先住民族のスー族に伝わる神話に空想上の鳥が由来で、そのまま訳すと雷鳥になりそうですが、そちらは全く別の単語になります

b 02月24日_02
当時米国で人気を博した欧州製スポーツカーに対抗して、53年にデビューしたコルベットの失敗を研究して販売されたため、コルベットとは異なり初年度から売れ行きは非常に良いものでした
アメ車としては比較的小型のボディですが、292又は312cuin.V8エンジンの搭載でスペシャリティ

b 02月24日_03
初代サンダーバードは、57年MYでデザインが大きく変更されています
フロントではバンパーの形状が複雑なものになり、リアはテールフィンとライトの大型化が行われ、スペアタイヤがトランク内に収納されました

b 02月24日_04
ホットウィールにおける初代サンダーバードは3種類あり、いずれも1957年式をモデル化しています
HW黎明期の1969年にデビューしたレーサー風のキャスト、1978年に登場したラリーウッドデザインの当キャスト、そして1996年に登場したコーギーキャストのものです

b 02月24日_05
最も一般的なのがこのラリーウッドデザインのキャストですね
デフォルメがキツめですが、いかにもホットウィールらしい雰囲気はこのスペクトラフレームがよく似合います

b 02月24日_06
個人的には55-56年式のサンダーバードが登場して欲しいところです
あちらはシンプルなスタイルが魅力的なんですよね

b 02月24日_07
サンダーバードは、この翌年からフルサイズの4シーター車になります
当初は同じものを目指したコルベットとは異なる進化を歩んだという話は有名ですね

b 02月24日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール フォード

13:24  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://zelious.blog119.fc2.com/tb.php/562-6d00fc8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。