2016年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.26 (Sat)

歴代唯一 - Mitsubishi Mirage (Rally Version) -

Twitterのフォロワーさんなどはご存知かと思いますが、私が現在持っている1/1ミニカーはミラージュアスティです。
アスティは1/1以外でのミニカー化が皆無に等しく寂しい限りです。

b 16_11月26日_01
TOMICA/トミカ
NO.23-9-未 AEON特注
AEON チューニングカーシリーズ第20弾
三菱 ミラージュ (ラリー仕様)
MADE IN VIETNAM

ミラージュは1978年に登場した三菱のコンパクトカーです。
初代は4x2速のスーパーシフトを採用したり、4-5代目にはMIVECエンジンを搭載するサイボーグやRSなど走りに特化したモデルも多く、ホットハッチの印象も強いかと思います。
他にも"エリマキトカゲ"CMで一世を風靡したや2代目や、ユーミンの曲を積極的にCMに採用した3代目、世界最小V6エンジンを搭載した4代目など、特に80年代~バブル期の日本で三菱を牽引してきた車種といえるでしょう。
しかし、バブル崩壊後はチープな内装やコンパクトカーのスタイルの変化、リコール隠し問題も影響したかもしれません、2002年に最後まで名前が残ったミラージュディンゴもコルトにその座を譲る形で生産終了し、24年の歴史に幕を下ろしました。

b 16_11月26日_02

ミラージュディンゴの後継車となったコルトは、2002年から2013年までの長きに渡り生産が続けられました。
そのコルトと入れ替わりで、再びミラージュの名が10年ぶりに復活することとなります。
現行ミラージュはタイでフル生産を行うなどで徹底的なコスト削減が図られており、日本や欧州というよりは新興国での販売を中心としているようです。
名前が復活したといえど、排気量も1.0Lや1.2Lと非常に小さく、また日本ではCVTのみの設定(諸外国ではMTも設定)だったので、ホットハッチを期待していたファンからするとやや残念でありました。

b 16_11月26日_03

トミカでは、現行型が登場するまで歴代いずれの世代もモデル化されていませんでした。
現行型は2013年6月の新車として、実車でもインパクトのあるカシスパープルメタリックを纏って登場。先月GT-Rの現行型に入れ替わるまでの3年間ラインナップされていました。
皮肉なことに、No.23・・・日産・・・(^-^;
登場した頃はいわゆる縮みトミカ全盛期で、実車が小さい分違和感は少なかったものの、やや小さめのスケールだったこともありトミカとしては(も?)あまり人気がなかったようです。

今回紹介するのはイオンチューニングカーシリーズとして販売されたもので、ラリーインドネシアなどに出場しているラリーカーをモチーフとしているようです。
日本ではCVTのみの設定ですが、現地ではMTモデルも存在するようで、モータースポーツベース車としても使用されていました。
現行ミラージュのモータースポーツ参戦車といえば、ラリーアート・スウェーデンを前身とするMpartABが製作したR5マシン相当のスペーススターR5(スペーススターはミラージュの欧州名)や、ZEAL by TS-SUMIYAMAが製作したダートラD車両などが存在しますが、いずれもプライベータチームですね。
メーカーにも頑張ってもらいたいものです。

b 16_11月26日_04
▲現行型の中でも、前期型はグリルが小さくすっきりとした印象。

b 16_11月26日_05
▲タンポのお陰かサイドビューもスポーティに見えます(笑) やっぱり赤と白の三菱という印象は強力ですね。

b 16_11月26日_06
▲このキャストはリアハッチが開閉する分、同じく縮みトミカのヴィッツよりも優っているのではないでしょうか。

b 16_11月26日_07

トミカのミラージュでは唯一のカラバリですが、それがこのカッコよさなので満足ですね。
あとは、トミカプレミアムでミラージュアスティの登場を祈るのみです・・・(笑)

b 16_11月26日_08

スポンサーサイト

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : TOMICA/トミカ 三菱

22:44  |  トミカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.08 (Tue)

VolkswagenがWRC撤退 - Hare Splitter -

AUDIのWEC撤退に続いて、親会社のフォルクスワーゲンはWRC撤退を発表しました。
ディーゼルゲートが尾を引いているようですね。
そういうわけで、今回はワーゲンのラリーカーを。

b 16_11月03日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
FLYING CUSTOMS
HARE SPLITTER
MADE IN THAILAND

2013年のFLYING CUSTOMSシリーズより、Hare SplitterことVWラビット(ゴルフ)です。
このキャストは1983年に絶版となりましたが、2012年に復刻されたキャスト。WRCにも同じように復活してほしいものですね。

b 16_11月03日_02

ミニカーは初代ラビットの前期型ですね。
ラビットの名称は、ゴルフの北米における初代と5代目で使用されていたものです。初代のラビットというと、特徴的な角目の印象が強いですが、HWではフェイスリフト前のモデルをミニカーにしていました。

北米でのワーゲンというと、カリフォルニアな雰囲気が漂うカスタムカーのイメージが強烈です。しかし、このモデルはルーフにスペアタイヤを載せ、グリルに補助灯を装備したラリー仕様となっています。
ゴルフはラリーベース車としてよく使用されていますが、あまり盛んではなさそうなアメリカでウケたのでしょうか。

b 16_11月03日_03

テールランプも前期型らしく幅の狭いタイプとなっていますね。
このキャストのデビューは1979年で、実車では角目になっている時代です。
ルーフの荷物は別パーツで、しかもタイヤとラックも別という凝った造りでした。そのキャリアは登場3年後には外され、そしてその年を最後に姿を消しました。

そのキャストが、2012年のThe Hot Onesシリーズにおいて30年ぶりに復刻され、しかもグラフィックはファーストカラーのアレンジだったためマニア垂涎の1台となりました。復刻2色目として登場したのがこちらのFlying Customsで、こちらもカラーリングは82年のSpeed Machinesをアレンジしているようです。
ルーフラックこそタイヤと一体形成になっていますが、スタイルはほとんど当時と変っていませんね。

b 16_11月03日_04
▲やや大味なフロント周り、しかしオプションだったと思われるバンプラバーを装着していたりウインカーもしっかり再現していたり、凝るところは凝っています。

b 16_11月03日_05
▲サイドビューはどこからどう見てもゴルフ、もといラビットですね。2枚目の写真で分かりやすいかと思いますが、ルーフラックの形状はタイヤを固定するベルトまで再現している凝りようです。

b 16_11月03日_06
▲このキャストは、似ている似ていないではなく、大事なところはしっかり拘る遊び心が豊富でユニークですね。

b 16_11月03日_07

余談ですが、フォルクスワーゲンはWRCから撤退するといえど、ラリーレイドマシンの作成などは今後も行っていくようなので、近い復活を望めるかもしれません。
市販車の販売台数でトップの座を争うトヨタvsワーゲンの戦いをぜひともWRCで見たいところです。

b 16_11月03日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ


テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール フォルクスワーゲン

01:58  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。