2016年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.27 (Sat)

憧れ - TOYOTA CELICA GT-FOUR -

トミカ化されなかったモデルが登場です。

b 16_02月27日_01
TOMICA PREMIUM/トミカプレミアム
NO.12
トヨタ セリカ GT-FOUR
MADE IN VIETNAM

当初は統一感の無いラインナップに困惑したものの、最近は往年のスポーツカーのリリースが続くトミカプレミアムの新作です。
3インチでは貴重なST205セリカです。

b 16_02月27日_02

ST20系のセリカのデビューは1993年と、私と同い年です。3世代続いたリトラクタブルヘッドライトを捨て、丸目4灯に大きくイメージを変えたデザインはクーペ需要の高い米国を意識してのものでしたが、日本国内ではあまり評判が良くなかったようですね。
ボディ形状は、日本ではリフトバックとコンバーチブルが登場しましたが、北米ではノッチバックボディも存在しました。実は、日本でもノッチバックが登場しています。そちらはコロナクーペの後継車として、コロナEXIVを彷彿とさせる固定式ヘッドライトが採用された「カレン」として販売されました。
ホンダインテグラも、初期型の丸目4灯が国内で不人気だったため、日本仕様は固定式に変更されましたし、やはりこのスタイルは日本人にはあまり馴染まないようですね。
セリカといえばWRCも忘れてはなりません。今回トミカで登場したGT-FOURは、ST165から続くホモロゲ車両です。1995年にデビューしたGT-FOURは、ターボの採用から始まり、ベースグレードからは原型を留めないほど手を加えたモデル。中でも、2,500台限定のホモロゲ仕様となる「WRC仕様車」は、嵩上げリアウイングやWRCにおいて後付が禁止されたミスファイアリングシステムなどが採用されているグレードです。

b 16_02月27日_03

トミカプレミアムでは、実車の生産終了から15年以上経った今年になって、突如新規金型で登場しました。ST205の市販仕様は3インチで初登場になりますね。
パッケージ等には記載されていませんが、嵩上げされたリアウイングからWRC仕様車を再現しているようです。あえてこの仕様を選択するマニアックさはプレミアムならではでしょうか。純正の3スポークホイール(不人気ですぐ社外品に変更されますね...)を再現するなど、企画、造形はなかなか良く出来ています。
ただ、残念ながら、他のコレクターさんも指摘している通り、ヘッドライトがベタ塗りだったりギミックがなかったりと、他のトミカプレミアムのモデルと比べるとややクオリティに欠けますね。それらに目を瞑るにしても、タンポの端がムラムラになっていたりと製造品質の低さが目立っています。プレミアムを名乗るなら、もう少し塗装の品質を高くして欲しいと感じます。

b 16_02月27日_04
▲グリルレスデザインのノーマルグレードに対し、ST205は巨大なグリルが追加された過激なデザインです。

b 16_02月27日_05
▲ウイングの黒塗り部がカサ増しパーツです。ホイールは不人気の3スポークホイールをしっかり再現(^_^;)

b 16_02月27日_06
▲よくみると、テールランプが別パーツで再現されているようです。この部分は塗装も細かくいい仕上がりですね。

b 16_02月27日_07

ST165セリカGT-FOURは、私の憧れの車です。その流れを汲むST185やST205も勿論好きなので、今回のモデル化は大歓迎でした。
個人的にはセット品のR34やカウンタックのように、トミカのホイール(できればワイドホイールではないもの)を装着しての登場を期待しています。

b 16_02月27日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

スポンサーサイト

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : TOMICA/トミカ トヨタ

23:55  |  トミカ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.23 (Tue)

新・人馬一体 Part.2 - MAZDA ROADSTER -

本日は通常カラー。

b 16_02月23日_01
TOMICA/トミカ
NO.26-8-未 初回特別仕様
マツダ ロードスター
MADE IN VIETNAM

初回特別カラーはシックなブラックでの登場、通常カラーはイメージカラーでもあるソウルレッドプレミアムメタリックです。
最近のマツダ車のイメージカラーはこの色に統一されていますね。

b 16_02月23日_02

ソウルレッドプレミアムメタリックは、明るい部分は鮮やかな赤となり、影の部分は深みの出る赤となるように研究されて作られたそうで、ロードスターでも50,000円かかる特別色の扱いになっています。
2007年のコンセプトカー「流雅」に使用された13層にもなる塗装を、実用化できるよう研究して作られており市販車では3層にまで抑えていながらこの深みを出しているそうです。
メリハリの効いた陰影が流麗なボディラインを際立てており、アテンザなどのサルーンだけではなく、デミオなどのコンパクトカーでも上質に魅せるカラーだと思います。

b 16_02月23日_03

トミカでも綺麗なメタリックで再現。流石に実車ほどではありませんが、モールドが深いのも相まってか上質な仕上がりに見えますね。ブラックよりもボディラインがはっきりと見え、スポーティなのでこちらが通常カラーで良かったと思います。
テールランプは、ボディとの違いを明確にするためつや消しで再現されています。ちょっとした工夫ですがとても効果的ではないでしょうか。

b 16_02月23日_04
▲ノーズのシャープさはやや欠けるものの、鋭いヘッドライトも綺麗に再現しています。

b 16_02月23日_05
▲ターンシグナルランプやドアノブなど細かい部分のモールドにもこだわりを感じますね。

b 16_02月23日_06
▲テールランプにつや消しレッドを採用したのはお見事!マフラーもちゃんと再現しています。

b 16_02月23日_07

試作品の画像などではイマイチかと思っていましたが、いざ手に取ると随所にこだわりを感じるトミカでした。
小柄ながらも手に取ると適度な重量感があり、かっこ良くて華やかで、期待以上の素晴らしいミニカーです。

b 16_02月23日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : TOMICA/トミカ マツダ

23:31  |  トミカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.21 (Sun)

新・人馬一体 - MAZDA ROADSTER -

お待ちかね、トミカの新車です。

b 16_02月21日_01
TOMICA/トミカ
NO.26-8-未 初回特別仕様
マツダ ロードスター
MADE IN VIETNAM

昨年登場し、カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど注目度が非常に高かったロードスターが遂に今月の新車で登場しました。
先月のS660から続けて、話題のオープンカーがトミカになりましたね。

b 16_02月21日_02

2015年5月に登場した新型ロードスターは、先代の後期型では4mを超えていたボディを初代よりも短い3,910mmに短縮。最軽量のグレードでは初代の後期型に匹敵する990kgにまで軽量化し、原点回帰とも言えるモデルになりました。初代のデビューは25年以上前のことですから、それに匹敵する軽量なボディで現代の安全基準に適合させた技術には驚かされます。
エンジンは、初代よりも小さい1.5Lの排気量ながら最高出力131ps、最大トルク15.3kgf·mを発揮するスカイアクティブ-Gを搭載し、軽快でスポーティながら燃費もJC08モードで18.8km/Lを記録。
ロードスターはNAとNBしか運転したことがありませんが、このND型も絶対楽しい車でしょうね。装備も快適そうですし、現行車の中ではかなり欲しい車です。

b 16_02月21日_03

トミカのNDは、実車の広がったボディを再現したかったのかやや幅広にデフォルメされているようです。フロントにやや厚ぼったい印象がありますが、全体的には車高も程よくいい仕上がり。これまでNAとNCがトミカ化されていましたが、通常品でワイドホイールの採用は初。これまでと違いシャープな実車の印象に良く似合っています。
Z34からトミカのオープンカーでは定番になったといえるトップ脱着ギミックは、車の印象を大きく左右する部分なので嬉しいですね。
初回特別仕様はジェットブラックマイカを、通常品は最近のマツダ共通のソウルレッドプレミアムメタリックを採用しています。ブラックは通常品より引き締まっていてカッコいいですね。逆に通常品は、ロードスターらしい色なのでラインナップ的にはそれで良かったと思います。


b 16_02月21日_04
▲グリルパーツは、シャーシの延長ではなく別パーツで再現するなど気合が入っています。

b 16_02月21日_05
▲抑揚のあるスタイルも実車に準じています。車高の適度な低さもかっこよさを際立てます。

b 16_02月21日_06
▲微妙なボディラインを描くリアも上手く再現しており、、タンポで細かくロゴ類もついています。

b 16_02月21日_07

オープン状態は、よりロードスターらしいスタイルになりますね。
クローズドでもこちらでも、デザインに破綻がないよう見事にデザインされています。

b 16_02月21日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : TOMICA/トミカ マツダ

23:59  |  トミカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.20 (Sat)

人馬一体 - MAZDA ROADSTER -

今日はトミカの発売日でしたが、不在だったので受け取れず・・・。
なので、先日オートサロンで買ってきたこちらのモデルを。

b 16_02月20日_01
OVERSTEER/オーバーステア
1/64 DIECAST CARS
MAZDA ROADSTER RS 2013
MADE IN CHINA

京商の元工場で作られているとも噂される、オーバーステアのモデルです。
最近のラインナップはマツダ車が大半で、クオリティが非常に高くて魅力的なブランドですね。

b 16_02月20日_02

モデルとなったNC型ロードスターは、2005年から昨年ND型が出るまでの10年間生産が続けられた長命モデルです。
NA・NB型からプラットフォームを一新し、ボディは3ナンバーサイズであるものの、NB型の最終モデルからは20kgの増量に留める徹底的な軽量化が行われており、軽快感は失われていないそうです。
ミニカー化の少ないNC型は、前期型をトミカがモデル化しています。しかし、後期型はオーバーステアが初となりますね。前期型では初代をイメージした楕円形のグリルが特徴的でしたが、後期型ではマツダ共通の五角形をイメージしたものに変更されました。

b 16_02月20日_03

オーバーステアは、後期型の中でも末期の2013年仕様としています。ボディカラーはメテオグレーマイカで、これは2013年にドルフィングレーマイカと入れ替わりで設定されました。ドルフィングレーマイカはやや青っぽいグレーであったのに対し、メテオグレーマイカは黒みの強いグレーとなっています。
ドアミラーやシートバックバー、アンテナ、前後ライト、テールパイプ、ナンバーなど、部品点数がかなり多いのに仕上がりがとても綺麗ですね。中でも、ルームミラーの再現には驚かされました。

b 16_02月20日_04
▲やや車高が高いものの、NC後期のフロントを見事に再現しています。

b 16_02月20日_05
▲ホイールだけではなくブレーキも再現するなど、とにかく徹底した作り込みは感動モノ。

b 16_02月20日_06
▲悪い部分を探すほうが難しい素晴らしい出来栄えです。

b 16_02月20日_07

内装もかなりの作り込み・・・。
NDロードスターもオーバーステアから出るようなので、要入手ですね。

b 16_02月20日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : OVERSTEER/オーバーステア マツダ

23:39  |  オーバーステア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。