2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.28 (Fri)

新たなライバル

b 02月28日_01
MATCHBOX/マッチボックス
1996 #10
DODGE VIPER RT/10
MADE IN THAILAND

前回紹介したサンダーバードは、初代コルベットのライバルとして扱われることが多いものの、両者は別の進化を歩みました
スポーツ性を重視したコルベットは、米国唯一のスポーツカーとも言われる存在となりましたが、そこへクライスラーが一石を投じました

b 02月28日_02
コンセプトカーを経て1992MYにデビューしたバイパーは、トラックに搭載されていたV10OHVエンジンを使用
キャロル・シェルビーや、当時クライスラーの傘下であったランボルギーニも開発に携わり、コルベットのライバルたるスポーツカーに仕上がっています

b 02月28日_03
マッチボックスでは、RT/10というオープントップのグレードをミニカー化
発売直後の実車にクーペモデルは無く、レースカーもこれをベースに作製されていました

b 02月28日_04
マッチボックスのモデルは、多少フロントに違和感があるものの、実車のワイドな雰囲気は表現されています
初代バイパーは、スタイルが絶妙のバランスを保っているのか、3インチで「これだ!」というミニカーが無ような気が…

b 02月28日_05
多少塗装が厚いものの、リアの造詣はよく出来ているでしょう
ロールバーがしっかり抜けていて、それでいて厚みがそれほどないのが素晴らしいです

b 02月28日_06
ちなみに、マッチボックスではクーペモデルのGTSや、2代目バイパーのコンセプトモデルとなるGTS-Rをモデル化しています
しかし、2世代目移行はパタッとリリースが途絶えていますね・・・
注目の3代目バイパーは、HWやAW、そしてトミカからもリリース予定ですが、マッチボックスでも登場してほしいものです

b 02月28日_07


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

スポンサーサイト

タグ : MATCHBOX/マッチボックス ダッジ

22:33  |  マッチボックス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.27 (Thu)

雷鳥にあらず


b 02月24日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
CLASSICS SERIES2 #11of30
1957 THUNDERBIRD
MADE IN THAILAND

クラシックスより、1957年式サンダーバードです
モデルとなった初代サンダーバードは1955年にデビューし、57年までの3年間販売されました
名前は、アメリカ先住民族のスー族に伝わる神話に空想上の鳥が由来で、そのまま訳すと雷鳥になりそうですが、そちらは全く別の単語になります

b 02月24日_02
当時米国で人気を博した欧州製スポーツカーに対抗して、53年にデビューしたコルベットの失敗を研究して販売されたため、コルベットとは異なり初年度から売れ行きは非常に良いものでした
アメ車としては比較的小型のボディですが、292又は312cuin.V8エンジンの搭載でスペシャリティ

b 02月24日_03
初代サンダーバードは、57年MYでデザインが大きく変更されています
フロントではバンパーの形状が複雑なものになり、リアはテールフィンとライトの大型化が行われ、スペアタイヤがトランク内に収納されました

b 02月24日_04
ホットウィールにおける初代サンダーバードは3種類あり、いずれも1957年式をモデル化しています
HW黎明期の1969年にデビューしたレーサー風のキャスト、1978年に登場したラリーウッドデザインの当キャスト、そして1996年に登場したコーギーキャストのものです

b 02月24日_05
最も一般的なのがこのラリーウッドデザインのキャストですね
デフォルメがキツめですが、いかにもホットウィールらしい雰囲気はこのスペクトラフレームがよく似合います

b 02月24日_06
個人的には55-56年式のサンダーバードが登場して欲しいところです
あちらはシンプルなスタイルが魅力的なんですよね

b 02月24日_07
サンダーバードは、この翌年からフルサイズの4シーター車になります
当初は同じものを目指したコルベットとは異なる進化を歩んだという話は有名ですね

b 02月24日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール フォード

13:24  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.12 (Wed)

マットブラック

b 02月12日_01
KYOSHO/京商
FERRARI MINICAR COLLECTION 9 NEO SECRET
FERRARI F12 BERLINETTA
MADE IN CHINA

b 02月12日_02
b 02月12日_03
b 02月12日_04
b 02月12日_05
b 02月12日_06
b 02月12日_07
b 02月12日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

タグ : KYOSHO/京商 フェラーリ

18:55  |  京商  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.08 (Sat)

マットホワイト

京商のフェラーリ9NEO、9の色変えだからと手を出さないつもりでしたが・・・

b 02月07日_01
KYOSHO/京商
FERRARI MINICAR COLLECTION 9 NEO SECRET
FERRARI F12 BERLINETTA
MADE IN CHINA

やっぱり摘んじゃいました、、
そして運良くシークレットを入手

b 02月07日_02
フェラーリ9のシークレットは、マットブラックのF12でした
今回のシークレットは、マットホワイトでの登場です

b 02月07日_03
F12は、以前京商OEM品を紹介しましたが、こちらとは金型が勿論異なります

b 02月07日_04
コンビニシリーズのものは、ヘッドライトの形状に多少の違和感がありますね
特徴的なフロントエアロの再現はお見事です

b 02月07日_05
マットブラック仕様同様、ボディと同色にしたホイールが印象的
少しプラスチッキーですが、特別感があり気に入ってます

b 02月07日_06
個性的なF12のリアデザイン、最初は苦手でしたが、慣れるとかっこ良く感じるようになってきました
でもやっぱり、最近のフェラーリは、過剰装飾な気がします・・・

b 02月07日_07
過剰装飾などといいつつ、サイドの抉れたボディラインは素晴らしいと思っています

b 02月07日_08
マットブラックと一緒に
2台並べたかったので、少し勿体無いと思いつつも組み立ててしまいました

b 02月07日_09

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

続きは最近の入手品

タグ : KYOSHO/京商 フェラーリ 購入記

23:17  |  京商  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。