2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.14 (Sun)

マッチボックスでもチャージャー Part.2 - DRAGSTER -

今回は一気に時代を遡り、マッスルカー全盛期のチャージャーを。

b 16_02月14日_01
MATCHBOX/マッチボックス
Superfast NO.70
DRAGSTER
MADE IN ENGLAND

Hot Wheelsの台頭により、派手なカスタムカーやエンジンむき出しの創作車が大量にリリースされたというのは有名な話ですね。
そのSuperfastシリーズで新たに登場した、まさにHot Wheelsの対抗馬ともいうべきモデルがこちらではないでしょうか。

b 16_02月14日_02

ショッキングピンクのボディに蛇をあしらったチャージャーのファニーカーです。
ファニーカーは、一見市販車のボディを纏っているものの、中身は全く別物になったドラッグレース専用のマシンで、Hot Wheelsでも数多くリリースされていますね。
ベースとなっているダッジ・チャージャーは、テールランプの形状が丸目なので1968年式です。実車では必要のないヘッドライトはペイントで再現されることが多く、チャージャーのように隠してあるものは再現しないことがほとんどですが、こちらのモデルは知ってか知らずかモールドで再現されています。

b 16_02月14日_03

Hot Wheelsの"Mongoose & Snake"の意識をしたのか否かはわかりませんが、サイドのヘビの柄といい、Hot Wheelsの"Snake"がダッジ・チャレンジャーである点といい、通ずるものがありますね。
元々普通のチャージャーとして企画されていたキャストを急遽変更したのか、イラストのようなエアスクープは存在せず、グリルやテールランプの造形もファニーカーらしくありません。キングサイズ(標準スケール)で通常Ver.のチャージャーがモデル化されています(後にエンジンがボンネットから突き出ますが・・・)ので、それを意識した金型だったのかもしれませんね。
ワンシーターのシャーシや派手なペイントなどでHot Wheelsへの対抗心はひしひしと感じますが、どうしても真面目で垢抜けない雰囲気が残っているのがこの時代のマッチボックスらしさでもあります。

b 16_02月14日_04
▲Kingsize同様、点灯状態を再現しています。点灯状態の3インチは、他に最近登場したHotWheelsのチャージャー500ぐらいではないでしょうか。

b 16_02月14日_05
▲サイドのヘビはデカールで表現。威嚇していますが、あまり怖くないですね(^_^;)

b 16_02月14日_06
▲丸いテールランプは68年式の特徴です。

b 16_02月14日_07

最大の見せ場はボディが上がりエンジンを魅せるギミックです。エンジンなどのモールドが細かく、姿勢を固定するパーツが付いているなどきめ細やかな設計ですが、普通ファニーカーではフロントマスクがボディ側にひっついて持ち上がるところをこちらはシャーシ側についています。
ミニカーのパーツ構成上仕方がないのでしょうけれど、そっちかっ!となりますね(^_^;)

b 16_02月14日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

スポンサーサイト

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : MATCHBOX/マッチボックス ダッジ

23:55  |  マッチボックス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.11 (Thu)

マッチボックスでもチャージャー - DODGE CHARGER PURSUIT -

アメ車=ホットウィールの構図は揺るぎないものである一方、同じマテル社のマッチボックスからも多数モデル化されています。

b 16_02月11日_01
MATCHBOX/マッチボックス
MBX HEROIC RESCUE '15 64/120
DODGE CHARGER PURSUIT
MADE IN THAILAND

2012年にマッチボックスより登場した、LXプラットフォームでは一度目のフェイスリフトを受けた後のモデルです。
前回の記事と前々回の記事で紹介したモデルの間に位置する年式ですね。

b 16_02月11日_02

クライスラー系のなかでもかなりのワル顔で、メーカー自らストームトルーパーに仕立てあげたりしたダッチチャージャーですが、初期型から警察車両として活躍する一面もありました。
2011年のフェイスリフトの際に、名称がPursuitとなっており、マッチボックスでもその名称でモデル化されましたね。
エンジンは3.5L・V6(2014年に3.6Lに)か5.7L・V8の二種類が設定されました。

b 16_02月11日_03

マッチボックスでのチャージャーは、Super fast時代から存在していました。LXボディになってからも積極的なリリースが続き、初期型は実車が販売を開始した2005年に早速登場。HWと違い、デフォルメの少ないスタイルでカラバリも豊富でした。2011年以降リリースされていない初期型キャストは、晩年ブランドの方針か警察風の塗装を施してのリリースが多かったですね。
そして、実車がフェイスリフトを受けたことで2012年に今回紹介のキャストが登場しました。こちらは当初から警察仕様としてのリリースであったため、プッシュバンパーに回転灯を装備するなどリアルな雰囲気になっています。

b 16_02月11日_04
▲プッシュバーや、その間のLED灯など凝った造形をしています。

b 16_02月11日_05
▲St.URSULA COUNTRYという、聖ウルスラの名を冠した架空の都市でしょうか、そこの警察仕様となっています。

b 16_02月11日_06
▲マットブラックのボディと相まって、モールドがくっきりしておりタンポが無くてもライトの位置が判別できます。

b 16_02月11日_07

キャストがデビューした当時から欲しかったモデルですが、リアルな造形からか意外に人気でなかなか入手できませんでした。
毎年カラーを変更してリリースされていたのに、結局この2015モデルで初ゲットです(^_^;)
個人的には2014年のSHERIFF仕様がカッコいいと思うので、機会があれば入手したいですね。

b 16_02月11日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : MATCHBOX/マッチボックス ダッジ

23:59  |  マッチボックス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.12 (Tue)

羊の皮を被った百獣の王 - PEUGEOT 205 TURBO 16 -

今年に入ってランエボを紹介してきましたが、続いて今からおよそ30年前のラリーカーを。

b 16_01月12日_01
MATCHBOX/マッチボックス
PEUGEOT 205 TURBO 16
MADE IN MACAU

最強のラリーカーとして名高いグループBマシンの中で、最後の2年を優勝で飾ったのが、こちらの205T16です。
初期のグループBで速さを誇ったのが、ランチアが規定に合わせて新規投入したミッドシップレイアウトのラリー037と、元祖4WDラリーカーとして名高いアウディ・クワトロでした。クワトロは悪路での圧倒的な速さを武器に、WRCにデビューした1982年にマニュファクチャラー、1983年にドライバーズチャンピオンに。037は舗装路での速さを活かして1983年にマニュファクチャラーチャンピオンとなり、この2強がグループBを先導していました。余談ですが、1982年のドライバーズチャンピオンは、オペル・アスコナ400を駆るヴァルター・ロール。この年は移行期で、熟成が進んだグループ4マシンもまだまだその存在感を示していました。
翌年1984年は熟成の進んだアウディの年となり、ドライバー・マニュファクチャラーともにチャンピオンになります。しかし、この年の後半には、アウディを脅かす次なる刺客が登場。それがこのミニカーのモデルとなった205 TURBO16です。(やっと登場)

b 16_01月12日_02

205T16は、アウディ・クワトロとは異なりエンジンをミッドシップに搭載した4WDマシンです。クアトロに対し旋回性で大きなアドバンテージを持った205T16は圧倒的な強さを誇り、1985年はWRC完全勝利を収めます。この年のアウディは、マシンの改良を重ねるも1勝に留まり、チーム縮小もあって勝利からは遠ざかることとなります。
翌年、デルタS4の登場によりプジョーvsランチアとなりますが、これはまた別の機会にでも・・・。

ミニカーはマッチボックス製で、特徴的なエンジンフードの開閉ギミックがついています。205T16は、ミニカーのモデルとなった205T16(通称エボリューション1)と、1985年の中盤以降に投入された205T16 エボリューション2に大きく分けられます。
エボ1でも、ターボにより過給された1775ccの直4エンジンは最高出力350psとされていますが、エボ2では450psを発揮したそうです。このエンジンを載せるボディは910kgというのですから、エボ2のパワーウエイトレシオでは今のFIA GT3車両と同等かそれ以上のスペックを有しています。それでも、上には上がいるもので、デルタS4は600ps出ていたとか・・・。

b 16_01月12日_03
▲モデルの出来は当時としては申し分ないもので、シャープな造形に豪快なギミック付き、ペイントも参戦車両風になっています。
ヘッドライトはやや吊り目気味ですが、雰囲気ではしっかり205です。

b 16_01月12日_04
▲タイヤサイズのバランスもよく、塗装をしっかりすればかなり良いモデルになりそうです。

b 16_01月12日_05
▲エボ1なので、バンパーはカットされておらず、ホモロゲマシンに近いスタイルですね。

b 16_01月12日_06

実車の特徴であり、このモデルの特徴とも言えるのは、大きく開くリアハッチのギミック。とは言え、当時はホットウィールからも同じギミックを持つモデルが登場していました。そちらも入手したいところですが、なかなか入手の機会がないんですよね。
一見普通の205に近いエボ1ですが、こうして見ると恐るべきマシンであることがよくわかります。
羊の皮を被った狼・・・と言うよりライオンですね!

b 16_01月12日_07

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : MATCHBOX/マッチボックス プジョー

23:59  |  マッチボックス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.08 (Mon)

コブラ! - MUSTANG COBRA -

b 06月08日_01
MATCHBOX/マッチボックス
PREMIERE WORLD CLASS SERIES 2
MUSTANG COBRA
MADE IN THAILAND

引き続いて、マッチボックスの「PREMIERE」シリーズからです。

b 06月08日_02

こちらのマスタングは、1994年から2005年までの長きに渡り製造された第5世代です。この世代は、日本でも約230万円からと安価で購入出来たことで、当時はよく見かけましたね。デザインは、初代マスタングを意識した箇所が随所にあり、マスタングマニアも納得する仕上がりだったそうです。
ホットモデルの"Cobra"は、FOXマスタング最終年に登場。この5世代目が登場すると共にモデルチェンジを行い、モデル終了まで生産されました。コブラと名乗りながら、このモデルはシェルビーは関与しておらず、フォード社内のSVT(スペシャルビークルチーム)によって開発されています。日本でも4.6L SOHCとなった1997MYから導入され、左ハンドル車だけでなく右ハンドル車も存在しました。

b 06月08日_03

ホットウィールでも同世代のコンバーチブルが登場していますが、あちらは通常のグレードだったのに対し、マッチボックスではコブラをモデル化しています。特徴としてはバンパーの形状が最も簡単に判別できるかと思います。他にもリアルトイやマジョレット等複数のメーカーから同世代のマスタングがリリースされていますが、コブラ仕様はモーターマックスとマッチボックスのみのようです。
マッチボックスのキャストは比較的大振りですが、細部はしっかりコブラ仕様となっています。また、コンバーチブル特有のロールバーを装着しているのも面白いですね。PUREMIEREシリーズは、タイヤが太すぎるのが難点ですが、当時変な柄が多かったマッチボックスの中では基調なプレーンのモデルが多く、タンポも細かいので魅力的です。シートへの着色も珍しいですね。

b 06月08日_04
▲ライトやグリル、一つ一つのパーツが大きいフロント。タンポが細かいので、まで印象的にはまともに感じます。

b 06月08日_05
▲かなりデフォルメされていることが分かるサイドビュー。コブラマークなどタンポは細かいです。

b 06月08日_06
▲特徴的なテールランプをしっかりタンポで仕上げているのは◎!でも、ズレています(笑)

b 06月08日_07

このシリーズ以来、ゴムタイヤのマッチボックスは暫くなかったかと思いますが、最近、緊急車両でこのように細かいタンポ、そしてゴムタイヤを装着したシリーズが登場しましたね。
ひとまず1台購入してみましたが、クオリティが高く、今後注目したいシリーズです。PREMIEREの様に乗用車系も登場してほしいものですね。

b 06月08日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ



テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : MATCHBOX/マッチボックス フォード

23:57  |  マッチボックス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。