2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.08 (Tue)

VolkswagenがWRC撤退 - Hare Splitter -

AUDIのWEC撤退に続いて、親会社のフォルクスワーゲンはWRC撤退を発表しました。
ディーゼルゲートが尾を引いているようですね。
そういうわけで、今回はワーゲンのラリーカーを。

b 16_11月03日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
FLYING CUSTOMS
HARE SPLITTER
MADE IN THAILAND

2013年のFLYING CUSTOMSシリーズより、Hare SplitterことVWラビット(ゴルフ)です。
このキャストは1983年に絶版となりましたが、2012年に復刻されたキャスト。WRCにも同じように復活してほしいものですね。

b 16_11月03日_02

ミニカーは初代ラビットの前期型ですね。
ラビットの名称は、ゴルフの北米における初代と5代目で使用されていたものです。初代のラビットというと、特徴的な角目の印象が強いですが、HWではフェイスリフト前のモデルをミニカーにしていました。

北米でのワーゲンというと、カリフォルニアな雰囲気が漂うカスタムカーのイメージが強烈です。しかし、このモデルはルーフにスペアタイヤを載せ、グリルに補助灯を装備したラリー仕様となっています。
ゴルフはラリーベース車としてよく使用されていますが、あまり盛んではなさそうなアメリカでウケたのでしょうか。

b 16_11月03日_03

テールランプも前期型らしく幅の狭いタイプとなっていますね。
このキャストのデビューは1979年で、実車では角目になっている時代です。
ルーフの荷物は別パーツで、しかもタイヤとラックも別という凝った造りでした。そのキャリアは登場3年後には外され、そしてその年を最後に姿を消しました。

そのキャストが、2012年のThe Hot Onesシリーズにおいて30年ぶりに復刻され、しかもグラフィックはファーストカラーのアレンジだったためマニア垂涎の1台となりました。復刻2色目として登場したのがこちらのFlying Customsで、こちらもカラーリングは82年のSpeed Machinesをアレンジしているようです。
ルーフラックこそタイヤと一体形成になっていますが、スタイルはほとんど当時と変っていませんね。

b 16_11月03日_04
▲やや大味なフロント周り、しかしオプションだったと思われるバンプラバーを装着していたりウインカーもしっかり再現していたり、凝るところは凝っています。

b 16_11月03日_05
▲サイドビューはどこからどう見てもゴルフ、もといラビットですね。2枚目の写真で分かりやすいかと思いますが、ルーフラックの形状はタイヤを固定するベルトまで再現している凝りようです。

b 16_11月03日_06
▲このキャストは、似ている似ていないではなく、大事なところはしっかり拘る遊び心が豊富でユニークですね。

b 16_11月03日_07

余談ですが、フォルクスワーゲンはWRCから撤退するといえど、ラリーレイドマシンの作成などは今後も行っていくようなので、近い復活を望めるかもしれません。
市販車の販売台数でトップの座を争うトヨタvsワーゲンの戦いをぜひともWRCで見たいところです。

b 16_11月03日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ


スポンサーサイト

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール フォルクスワーゲン

01:58  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.25 (Fri)

オーーーバーーーフェンダー Part.2 - Porsche 934 RSR -

何故か画像がアップロード出来なかったりして記事がかけませんでした。
放置してたらいつの間にか直ってたので再開します。

b 16_03月18日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
HW SPEED GRAPHICS 6/10 '16 181/250
PORSCHE 934 TURBO RSR
MADE IN MALAYSIA

以前紹介した934の新色です。
レーシーなファルケンカラーでの登場で人気も高いですね。

b 16_03月18日_02

元々Gr.4規定に則って作成されたマシンなので、レーシーなカラーリングがよく似合います。
ファルケンは、オーツタイヤという会社のブランドでした。そのオーツタイヤが消滅し、現在はアジア市場のダンロップを担っている住友ゴムの1ブランドとなっています。
スポーツタイヤのブランドであり、モータースポーツ活動も盛んに行われていますね。特にニュルブルクリンク24時間レースへの参戦は1999年から続いており、昨年には日本勢初の3位を獲得、悲願の表彰台に上がりました。

b 16_03月18日_03

ニュルでも997型を使用するなどポルシェと縁の深いファルケンということで、今回は934にこのカラーが採用されました。
2016ベーシックのファーストカラーは定番のエメラルドグリーンとブルーの組み合わせでした。2ndカラーはボディカラーをシルバーに変更。これは過去にベーシックで登場していたスープラやマスタングと同じ流れですね。実車ではこの組み合わせは見ないですが、よりスパルタンな印象を受けます。

b 16_03月18日_04
▲キャストの出来がいいので、ヘッドライトのタンポがなくても精悍な顔つきです。

b 16_03月18日_05
▲ワイドなボディにはレーシーなカラーが似合いますね。

b 16_03月18日_06
▲テールからみると幅の広さが目立ちます。

b 16_03月18日_07

色違いは購入を控えようと思いつつ、カッコいいので買ってしまうんですよね。
HotWheels沼は深いです(笑)

b 16_03月18日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール ポルシェ

23:55  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.11 (Fri)

デザイナーズチャレンジ - HONDA RACER -

引き続いてHWの新作を。

b 16_03月11日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
HW DIGITAL CIRCUIT 5/10 '16 25/250
HONDA RACER
MADE IN MALAYSIA

今回のアソートで新色が登場した、Honda Racerです。
実車は存在しませんが、ホンダという名前が使われているのは、ホンダのデザイナーによるデザインだから。

b 16_03月11日_02

初出はDesigners Challengeという、HW40周年を記念して自動車メーカーに実車の制約に囚われずに車をデザインしてもらおうという企画のシリーズです。この企画にはアメリカを代表する、GM、フォード、クライスラーの他に、日本からはホンダと三菱、そして英国のロータスが参加し、そこにHWからの1台を加えた計7種がそれぞれ4色ずつ登場するという贅沢なシリーズでした。
近年ゲーム「グランツーリスモ」でも似たような企画が行われていますが、それよりもさらに、デザイン最優先のモデルを各社発表しており、面白いモデルばかりが揃っています。
ホンダからは、Honda Racerというそのままの名前のモデルが登場しました。ボディの形状は上から見るとHondaのH型となっており、双胴機のようなスタイルとなっています。エンジンはV10をミッドに搭載、RA273などを彷彿とさせる剥き出しの状態です。

b 16_03月11日_03

爽やかな水色が印象的な今回のカラーは、これまでのベーシックで登場したカラーとは異なりゼッケンなどがなくスッキリとしていて気に入りました。
オレンジ、イエロー、ホワイト、そしてブラックの4色は無限のレースカーに使用されるカラーですね。この色の組み合わせのおかげで、さらにホンダらしさが出ていると思います。

b 16_03月11日_04
▲キャビンが左右に分かれ、その間にエンジンがある斬新なデザイン。重量物が中心に集められているのでコーナリング性能は高そうですね。

b 16_03月11日_05
▲エンジンよりもエキゾーストパイプが目立つのはHW流だからこそでしょうか。

b 16_03月11日_06
▲リアからの迫力もありますね、こんなハイマウントから排気するとは(^_^;)

b 16_03月11日_07

デザイナーズチャレンジのキャストはどれも秀逸ですが、当時から日本ではあまり人気がありませんでした。かくいう私もトイザらスのクリアランスセールで殆どを購入しています。
中でもファーストカラーはエンジンまで丁寧な色付けがされており、非常にカッコいいのでオススメですね。

b 16_03月11日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール ホンダ

23:59  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.08 (Tue)

THのありがたみ Part.2 - MOUNTAIN MAULER -

今月のTreasure Huntsです。

b 16_03月08日_01
HOTWHEELS/ホットウィール
HW DAREDEVILS 3/10 '16 163/250
MOUNTAIN MAULER
MADE IN MALAYSIA

先月のTHから一変、今回はオリジナルカーがTHに採用されました。
既に人気のインテグラなどが抜かれていたイオンで残っていたこともあり、不人気であることは間違いないでしょう。

b 16_03月08日_02

2014年のベーシックで登場したこのモデルは、ランクル40系を思わせるフロントマスクを持つオリジナルのオフローダーです。車名のMaulerとは槌打つものや叩き潰すものという意味があるようで、山を叩き潰すように走破する車といったところでしょうか。
あまりこのジャンルには詳しくないので調べてみましたが、こういう車両はトラギーと呼ばれるバギーの一種のようです。多くがBAJA1000などのような砂漠などで速さを競う車両ですが、このキャストは車名的にもロッククローリングなるエクストリーム・スポーツで使用されるトラギーをモチーフにしているようです。ロッククローリングは、その名の通りゴツゴツした岩場を這うように進んでいく競技で、日本ロッククローリング協会なるものも存在するようです。

b 16_03月08日_03

あまり日本では人気のないこの手の車種ですが、実は結構なお気に入りだったりします。ファーストモデルのカラーチェンジ版が綺麗なブルーにピンク内装という斬新なカラーを採用しており、それを手にしてビビッときました。2015年モデルはあまりタンポが気に入らなかったので食指が動かず、そして登場した今年のモデルはめっちゃかっこいい上にTHと、これは買い逃すまいと思っていました。
ロッククローリング車だとるすると、ボンネットから飛び出したエンジンや下出しマフラーがかなり邪魔そうなので、もしかしたら違うかも?いずれにしても、トラッギーにホットロッドのスタイルを盛り込んだHOTWHEELSらしいモデルであることに間違いないでしょう。

b 16_03月08日_04
▲ランクル40風?のグリルは完全にボディから分離されておりただの飾りになっています。

b 16_03月08日_05
▲ボディの前後をカットしていることが分かるサイドビュー。ビス止めフェンダーを再現したりと、オリジナルカーなのにここまで拘るのはHWだけでしょう。

b 16_03月08日_06
▲リアにはHOTWHEELSのロゴがバッチリ入っています。

b 16_03月08日_07

世間的にはありがたみの薄いTHだと思いますが、このキャストが好きな私としては仕上がりも含め大満足です。
でも、やっぱりTHにはもう少しありがたみがあって欲しいと思うのもまた事実。別にTHを名乗る必要はないですもんね(^_^;)
これでリアルライダーだったりした最高なんですが・・・。
そういえば、今月のSTHであるBAD MUDDER 2も実は好きなキャストです。残念ながら店頭での入手は叶いませんでしたが、なんとか手に入れたいですね。どうせ不人気でしょうから安くで手に入るでしょう・・・。

b 16_03月08日_08

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : HOTWHEELS/ホットウィール 創作車

23:51  |  ホットウィール  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。