2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.12 (Thu)

酉年ということで...2 - Chaparral 2D -

前回の記事でも書いた通り、シャパラルは当時の複数のモデルがミニカーで登場していました。
こちらもそんな1台。

b 17_01月08日_01
CHAMPION/チャンピオン
CHAPARRAL 2D "Nurburgring"
MADE IN FRANCE

championは、フランスのSafir社のミニカーです。
1/66スケールのシリーズではプラスチックボディにダイキャストシャーシという構成を採用しており、当時としてはシャープなボディワークでといえるでしょう。
プラボディということから敬遠されがちですが、仕上がりもよく、当時のレースカーが多数モデル化されており、Tintoys同様見逃せないブランドですね。

b 17_01月08日_02

以前HotWheelsの記事でも紹介した、2Dのニュル仕様ということになっています。
やはり、当時の強豪を長距離レースで打ち負かした2Dのインパクトは強かったのでしょう。

当時シャパラルとの関係が強かったシボレーのコンセプトカー「MonzaGT」を参考に作られたといわれるシャパラル2の発展型ということで、鋭いフロントノーズのインパクトが強烈ですね。
今回はニュル仕様ということでヘッドライトがフェンダーに装着されていますが、デイトナ仕様などはシャパラル2などと同じくノーズに埋め込まれていました。

b 17_01月08日_03

プラ製ボディということもあってかボディが薄く、エッジの効いたモデルとなっています。
実車はいつものホワイトに、ニュル仕様だと7番のゼッケンを装着していました。ミニカーでは、ゼッケンやスポンサーシールは実在しないカラーとなっています。他車のシールでも貼り付けたのかと思いましたが、画像検索を行うと同じステッカーを貼ったモデルが見つかりましたので、これが正しいようです。
Championでの2Dは、ほかにも赤や青、緑といった成型色のモデルが存在しますが、このホワイトが最も実車に近いといえるでしょう。

b 17_01月08日_04
▲エッジの効いたフロントの造形はプラボディならでは。

b 17_01月08日_05
▲ややテールが間延びしていますが、全体的な造形レベルは非常に高いですね。現代でも通用するかと思います。

b 17_01月08日_06
▲実はこの個体、どうもシャーシのパーツがうまくはまっていないようで、本来はマフラーがボディの凹みに納まるようです。

b 17_01月08日_07

パワーは格段にアップしていたとはいえ、この時代はまだまだそれぞれのチームが試行錯誤を繰り返しており、マシンにも強い個性が現れていて面白いですね。

b 17_01月08日_08

b 17_01月08日_09
▲パッケージにはマシンのスペックがフランス語で書かれていました。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ



スポンサーサイト

テーマ : ミニカー - ジャンル : 車・バイク

タグ : Champion/チャンピオン

21:41  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。